即日融資でおすすめのキャッシングランキング

即日融資」もはや、聞き慣れた、あるいは見慣れたフレーズかもしれません。

 

⇒即金ランキングを今すぐチェック!

 

世の中はネットの普及により様々な事柄がスピーディーに処理できるようになりました。キャッシングにおいても例外ではありません。どこのキャッシングサービスも即日に対応するのが基本になってきています。

 

こういったテクノロジーの恩恵を最大限に活用すれば、「急な出費」や「給料日前で生活費が足りない」などのお金がピンチの時も効率的に切り抜けて行けます。

 

即日融資

 

基本的な即日融資の流れは、午前中にスマホやPCから審査申込みがベストです。遅くても14時までに申込みを済ましておかないと振込融資(振込キャッシング)を希望する場合、翌日着金になる可能性があります。

 

アコムやプロミスのようなスピーディーな消費者金融ですと審査回答30分、最短1時間融資も可能となっており、来店不要でご自身の口座に振込融資(振込キャッシング)が可能ですし、午後の遅い時間であっても、最寄りの自動契約機でカードを受取り、併設されているATMですぐに出金して即金を手にすることも可能です。
⇒夕方や土日祝でも即日融資を可能にする最強カードローンの詳細はこちら

 

各社同じようで様々な特徴やメリットがあります。ぜひご自身に合った即日融資対応のカードローンをご利用ください。

 

 

高い金利の闇金や取り立ての厳しい街金といったダークな金融サービスは当サイトでは一切紹介しておりません。のでご安心ください。

 

安心してキャッシングできるカードローンのみを厳選してランキング形式でご案内します。

 

ご紹介するカードローンすべて、担保・保証人不要!必要書類は免許書1枚のみでお手をわずらわすこと無く申込できます!

 

 

アコムのおすすめポイント

●はじめての方は契約日の翌日から30日間無利息で利用できる!
●即日融資も可能!
●土・日・祝も対応!
●最短30分でスピード審査回答!
●楽天銀行口座をお持ちなら、来店不要で365日土日祝でも最短1分で即日入金可能!(手数料無料)
●保証人・担保不要
●20才以上で固定した収入があれば学生・フリーター・主婦の方でもお申込み可能
●安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ
●老舗ならではの柔軟な対応力で人気!

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 1万円〜800万円
評価 評価5
アコムの総評

最短即日融資といえばアコム!急いでいる時も、50万円以内の借り入れなら収入証明不要で免許証一枚で審査申込できます。しかも、アコムではじめての方は30日間無利息もあるから安心して契約できます!即日融資をご希望の方は、まずはアコムで3秒借入診断!

プロミスのおすすめポイント

●はじめての方は契約日ではなく、初回の利用翌日から30日間利息がかかりません!
●審査は最短30分!最短1時間融資も可能
●三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、来店不要で土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも好評!(手数料無料)
●WEB完結でカードなしも可能なので郵送物一切なしでバレずに借りれます
●20歳以上69歳以下で安定収入があれば学生でも主婦でも申込できます
●ゆうちょ銀行ATMでもキャッシングできます
●女性オペレーター担当専用で安心のレディースプロミス窓口も設置(男性の方でもOK)→こちら
●50万円まで所得証明不要

実質年率 4.5%〜17.8%
融資限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

最短1時間融資も可能!プロミスといえばスピーディーな融資です!50万円以内の借入なら収入証明書不要なので免許書1枚で審査できます!初めての方は30日間無利息もあります!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)オペレーターの対応も親切です。お急ぎの方は、公式ページから「フル入力でお申込み」を選んで申込される方が早いのでおすすめです!

モビットのおすすめポイント

●web完結申込で勤務先への電話連絡なし!郵送物なし!
●誰にもバレずに借入れしたい人・秘密重視の人におすすめ
●ネット申込の際の入力項目が他社より少ないのでスピーディーです
●14:50までの振込手続き完了で当日融資可(審査結果により不可の場合有)
●全国に提携ATM約130,000台あります ※2016年10月現在
●ゆうちょ銀行ATMでも出金・入金できます
●限度額が800万なのでおまとめにも適してます
●テレビCMでも知名度抜群の三井住友銀行グループ

実質年率 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
評価 評価5
モビットの総評

モビットは即日融資※も可能な人気のキャッシングサービスです。融資限度額も消費者金融サービスとしては大きく800万ということもあり、おまとめにも適しているカードローンです。
WEB完結申込なら職場への電話連絡がないので会社の人にバレずに申込できます!
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)のおすすめポイント

●最短即日ご利用可能!
●安心の低金利
●全国5万台以上の提携ATMで利用可能!手数料無料!!
●1,000円単位で借入OK
●毎月の返済も1,000円から!

実質年率 1.8%〜14.6%
融資限度額 500万
評価 評価4.5
三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の総評

阿部寛さんのCMでもすっかりおなじみのバンクイック!銀行カードローンならではの安心の低金利!近くのコンビニATMで利用してもいつでも手数料無料!無駄なく借りれます!

新生銀行カードローン レイクのおすすめポイント

●はじめての方なら5万円までなら180日間、あるいは30日間までの無利息期間が利用できます。
●最短即日融資も可能!※
※即日融資に対応しているのは平日14時までに、申込と必要書類の確認が完了した場合
●来店不要で必要書類は提出
●全国の提携ATM手数料無料(ゆうちょATMでも)
●アルバイト・パート申込OK
●カードレス契約も可能!郵送物がないのでバレないので秘密重視の方も安心
●女性の主婦層にも人気!

実質年率 4.5%〜18.0%
融資限度額 1万円〜500万円
評価 評価4.5
新生銀行カードローン レイクの総評

テレビCMでもおなじみの新生銀行カードローン レイク!はじめての方に優しい無利息サービスが2つ用意されています!即日融資にも対応しているので急なお誘いの時でも強い味方になります!

★即日発行可能!クレカ機能付きのACマスターカードもおすすめ!★

 

最短即日審査・即日発行でクレカをゲット!その日の内にクレカを手にできることは、なかなかありそうでないですよね!ACマスターカードなら可能です!一定の収入があればパート・アルバイトでも申込できます!
年会費・入会金もかかりませんし、見た目もアコムの印字がないマスターカードなのでスマートです。
キャッシングとショッピングを1枚のカードで併用できるので利便性も高い1枚といえます。

 

\最短30分審査回答!/

アコムACマスターカード
アコムACマスターカードの3秒診断はこちら!

夕方や土日祝でも即日融資を可能にする最強カードローン

即日融資に対応したカードローンを当サイトでは紹介しているわけですが、中でも夕方や土日祝でも対応している最強・最速カードローンがあります

 

土日祝即日融資

 

それは・・・「アコム」と「プロミス」です。わかりやすく説明していきます。

 

まず、即日融資といっても、その融資方法は、基本2種類に分けられます。

 

@銀行口座への振込融資
AATMによる出金(引き出し)

 

この2つの方法があります。いずれの方法も「アコム」と「プロミス」が即日融資のニーズに応える融通の利くシステムを確立していて利便性が極めて高いです。

 

@銀行口座への振込融資

ご自身の口座に消費者金融が振込してくれるタイプです。「振込キャッシング」と称されることもあります。通常、金融機関の営業時間は平日15時までなのでその1時間前の14時までには申込を完了しておくことが望ましいですが、14時を過ぎても、「今すぐ俺の口座に振込してくれ〜」という方も多いと思います。そんなニーズにバッチリ応えているのがアコムとプロミスです。

 

アコムの場合

アコムは、「楽天銀行」の口座をお持ちなら、審査さえ通過すれば、24時間365日すぐに入金してもらえます。(手数料無料)

 

プロミスの場合

プロミスは、「三井住友銀行」or「ジャパンネット銀行」の口座を持っておられれば、審査をクリアーし、22時までに契約完了すると365日24時間、瞬時に振込してくれます。プロミスではこのサービスを「瞬フリ」と名付けられています。(手数料無料)

 

まとめると、「楽天銀行」or「三井住友銀行」or「ジャパンネット銀行」いずれかの口座を今お持ちなら、アコムとプロミスが振込融資の時間にゆとりがあるので、振込融資を希望される方はどちらかのカードローンで間違いないです。

 

アコム プロミス

 

AATMによる出金(引き出し)

スマホやPCから申込して、自動契約機(無人契約機)や店頭まで行って、契約してカードを受取り、併設されているATMもしくは、コンビニなどの提携ATMで出金する方法です。この方法もアコムorプロミスがおすすめです。

 

アコムの場合

むじんくん(自動契約機)の営業時間は、22時までなので、22時まで契約可能ですし、併設されているATMは24時間営業なのですぐに出金できます。つまり、楽天銀行の口座をお持ちでなくても即日現金を手にすることができます。
※営業時間は、22時まですが、1時間前の21時までには、申込をしておかないとさすがに即日融資は無理です。

 

プロミスの場合

プロミスの自動契約機の営業時間は、22時(一部21時)までなので、22時まで契約できますし、併設されているATMは24時まで営業しているのでその場で出金できます。三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちでなくてもこの方法で即金を手にできます。
※営業時間は、22時まですが、1時間前の21時までには、申込をしないと即日融資はできません。
※プロミスでは、プロミス自動契約機だけでなく、三井住友銀行(SMBC)のローン契約機でもカードの受取が可能です。(ATMの横にある小さなボックスのスペースです)

 

まとめると、午前中を過ぎて、急な飲み会に誘われて現金が必要になった場合などは、自動契約機が全国にあるアコムとプロミスが強い味方になってくれます。

 

アコム プロミス

即日融資を無審査で通過するところって?

即日融資

 

そもそも当サイトでは、運営ポリシーに反するので無審査で即日融資を受けられるようなカードローンを紹介していません

 

即日融資を受ける際に無審査で通過するサービスはありますが、いわゆる法外な利息をとる闇金といわれるところになり、当然リスクがつきまといます。「トイチ」とか一度は耳にした事があると思いますが、「10日で1割」の利息を返済しないといけない世界です。

 

大手の消費者金融や銀行カードローンの審査に落ちた方からすると、「無審査即日融資」といったキャッチフレーズを目にすると魅力的に映りますが、本当に気をつけたほうがいいです。

 

当然、1〜2社ぐらい大手の消費者金融や銀行カードローンを使ってキャッシングをしている方も多いと思いますが、やはり金融機関と付き合いするなら最高でも3社ぐらいが限度と考えておいたほうがいいです。

 

無審査という言葉に条件反射することなく、健全にお金を工面するなら、きちんと審査のある大手のカードローンを選びましょう。

 

即日融資の審査に通過するポイント

即日融資の審査に通過するポイントをまとてみます。即日融資に失敗しないためにも事前にぬかりのないように準備・チェックしておきましょう。

 

なるべく早い時間帯に申込む

当たり前といえば当たり前ですが、審査は申込順で行われます。今日中に現金を手にするためには、極力早い時間に申込みましょう。また、「明日お金を用立てないといけない」といった予定が立っている時は、前日に申込むとより即日融資成功の可能性が高まります。

 

必要書類を確認する

即日融資に必要な書類は、借入限度額が50万円以内なら、ほとんどのカードローンが本人確認書類のみでオッケーです。つまり免許書があればスマホで写メすればオッケーなのですが、その際に、引越してその免許書が新住所に変更されていないといった不備がないように確認しましょう。意外と盲点になっています。

 

申込の際の入力項目は正確に嘘がないようにする

即日融資を希望されている方は、とにかく急ぐのはわかるのですが、正確に必要事項を入力するように心がけましょう。特に勤務先の電話番号は、間違いのないようにしましょう。よくあるケースが、勤務先の電話番号を間違えて入力してしまい、在籍確認がとれずに審査落ちするケースです。また、他社借入額や年収の欄も嘘をつかずに正しく申告しましょう。嘘をついたとしても、信用情報機関に照会すればすぐにバレてしまいます。誠実な姿勢で審査に臨みましょう。

 

同時申し込みを慎む

一度に複数のカードローンに申込むする方がいらっしゃいますが、これはNGです。申込みブラックつまり、多重申込になり、悪循環になります。まずは1社に絞って確実に審査通過を目指しましょう。

 

要は、金融機関から信用されて初めて、審査に通過するという基本的なことをわかっていることが大切です。それほど心配しなくても、仕事をしていて一定の収入があれば、上記ポイントを押さえていればほとんどの方が即日融資は可能です。年収が低くても十分利用できますし、もし借入が多くてもきちんとした返済履歴があれば2社目であっても3社目であっても利用できる可能性はあります。

 

⇒お試し診断可能な消費者金融ランキングはこちら

即日融資は無職の場合審査は通るか?

即日融資

 

無職の場合、即日融資を謳っているキャッシングサービスのほとんどは審査を通過しないという認識でオッケーです。無職で即日融資してくれるとしたら先にも上げましたが闇金ぐらいしかありません。

 

金融機関の審査通過基準は、「返済能力があるかどうか」です。つまり、無職の人間は収入がないので返済能力が無いとみなされてるわけです。

 

「それでも、お金を借りれないか?できれば即日融資して欲しい!」と切羽詰まっている状況だからこそ真剣に考えるものです。

 

無職といっても一人ひとり認識が違うと思います。そこで、状況別に見ていきます。

 

失業保険受給者は即日融資可能か?

例えば、ある会社に勤めていて退職すると無職になります。その期間、失業保険を受給する方も多いと思いますが、その失業保険のお金は「安定した収入」とはみなされず、審査通過することはありません。失業保険の中でやりくりをするか、親や親戚や友人などに頼ることを考えるのも一つの方法です。

 

年金受給者は即日融資可能か?

定年退職して、年金生活になるとします。この年金に関しては、失業保険と違い「安定した収入」とみなされますが、即日融資の審査通過率は低い傾向にあります。また、一般的なキャッシングサービスの年齢制限が20〜65歳となっていますので申込の際には、引っかかっていないか確認しましょう。

 

学生は即日融資できる?

バイトしている方で、年齢が20才以上なら即日融資の申込可能です。学生専用ローンでも同様です。

 

無職の専業主婦は即日融資できる?

いわゆる働いていない専業主婦の方ですが、配偶者に収入があればカードローンの審査に通過する可能性は充分にあります。ただし総量規制対象の消費者金融での申し込みはできません。専業主婦で申し込みできる代表格が総量規制対象外である銀行カードローンの「レイク」になります。

 

まとめると、専業主婦以外で、無職の方は、まずはアルバイトでもいいので安定した収入を確保してから審査申し込みをしないと金融機関から相手にされないと考えてよいでしょう。もう一度大事なポイントなので述べますが、審査通過の絶対条件は「安定した収入があること」になります。

即日融資は在籍確認なしで受けられる?

即日融資を受ける際に、「在籍確認なし」を希望される方も多いと思います。そういった方はだいたい次の3パターンに大別されます。

 

即日融資在籍確認なし

 

  1. 急いでいるので在籍確認なしで今すぐに即日融資を受けてお金を工面したい方
  2. 在籍確認で勤務先に電話があることで、職場にバレたくない方
  3. 無職がバレたくないので在籍確認なしで借りれる所を探している方

 

ひとつひとつ見ていきましょう。

急いでいるので在籍確認なしで今すぐに即日融資を受けてお金を工面したい方

キャッシング初心者にありがちな考え方ですが、基本的にカードローンを契約する時は、「職場への電話連絡」という手段を用いて、在籍確認を取るのが基本です。
つまり、健全な金融サービスで即日融資を受ける際は、在籍確認は、避けられないと考えたほうがいいです。

 

在籍確認で勤務先に電話があることで、職場にバレたくない方

在籍確認は、カードローンのサービス名で電話がかかってくることは絶対にありません。個人名でかかってきます。つまり基本的にバレることはありません。しかし、勘ぐり深い方が電話に取ってしまった場合などは疑いの目を向けられることもありますので、そういったリスクを感じる方は、前もって「クレカに申し込んだので電話があるかもしれない」といったことを職場の方に伝えておくとよいでしょう。

 

無職がバレたくないので在籍確認なしで借りれる所を探している方

こういった考え方で借入しようとしている方は相当追い詰められているかもしれません。「ブラックOK」と、携帯の電場番号だけ書かれているような金融サービスにも手を出しがちです。そういったところは、ヤミ金の可能性が極めて高いのでくれぐれも注意してください。

 

以上のように在籍確認なしで即日融資を受けるには、難しいですし、リスクの高いヤミ金である可能性が高いです。

ただし、職場への電話連絡以外で在籍確認をしてくれる消費者金融があります。それが「モビット」です。

 

こちら

 

モビットのWEB完結という申込方法を使えば職場への電話連絡・郵送物なしで申込できます!

 

モビット

 

モビットのWEB完結を出来る条件は、「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方」で「社会保険証か組合保険証をお持ちの方」です。

 

\カードレスも可能!/

即日融資在籍確認なし

事業資金を即日融資

個人事業主や法人の方が、即日融資を希望するケースももちろんあります。

 

事業資金

 

特につなぎ資金が必要な業種はきちんと金策しないと事業が成り立ちませんので、きちんと資金繰りする必要があります。

 

普段からメインバンクとの付き合いがあったとしても、今すぐに銀行に「融資してくれ」とお願いしても難しいでしょう。

 

そんな時に頼りになるのが、消費者金融になりますが、もっと専門的に法人相手に融資してくれるサービスがあります。

 

それは、ビジネスローンです。事業ローンとも言います。ビジネスローンは、事業性のローンとなり総量規制対象外です。短期的な借入や一時的な運転資金確保に非常に向いているサービスです。

 

ビジネスパートナーの特徴

●最短即日審査可能!
●新規の方は最大45日間無利息
●原則無担保・保証人不要
●総量規制対象外
●東証一部企業の光通信のグループ会社なので安心!

実質年率 9.98%〜18.0%
融資限度額 50万円〜500万円
評価 評価5

 

カードローンは返済のしやすさ

即日融資

 

カードローンは気軽にお金を用立てることができる大変便利なシステムです。一度カードを作っておけば、いつでも利用でき、賢い返済方法で返していけるので、お金が必要なタイミングを逃すことがありません。カードローンの返済方法は分割方法、リボルビング払いなどがあります。

 

リボルビング払いとは、月額一万円、二万円など決められた額を返していくものです。この返し方の特徴は生活のクオリティを大きく変えることなく、月々に均して返済していけるというものでしょう。キャッシングの場合、基本的には借りたお金はよく月の一括払いですから、次の月の生活が苦しくなってしまうことがあります。カードローンなら借りたお金を少しずつ返していくという、まさにローンの考え方ですから、生活のクオリティを急に引き下げることなく、無理のない返済をしていけると言うメリットがあるのです。

 

しかも、お金が出来たときには繰り上げ返済もできるので、返済期間を短くして返す総額を減らすこともできるのです。自分のペースで無理なく返すことが出来るのは大きなメリットがあると言えるでしょう。そのため、多くの方がこの便利で気軽に使えるカードローンを利用しているのです。

即日融資対応の消費者金融における金利と利息について

即日融資

 

●消費者金融の金利は18.0%以下が普通●
消費者金融の金利は、業者規模、借入額、信用などによって変わってきますが、一般的には18.0%以下が主流となっています。借入額が10万円未満の場合だと20.0%まで認められていますが、実際にこの金利を設定するのは、一部の小さな業者くらいです。中堅以上の業者では、金利の最高は18.0%以下とするのが普通です。初回融資において、17%台で借りることができれば成功と言えるでしょう。借入額が100万円以上になると、利息制限法の関係から15.0%以下となりますが、初回融資で100万円を借りるのは難しいので、17%台〜18.0%の金利になるのが普通です。
●利息制限法と借入額の関係●
利息制限法は、借入額によって金利を設定しています。10万円未満だと20.0%まで、10万円以上100万円未満だと18.0%まで、100万円以上だと15.0%までとなります。借入額が1万円だとしても、20.1%といった金利設定は違法になりますし、たとえ500万円を借りたとしても、業者側は15.0%未満の金利で貸し出す義務はありません。
●業者規定による金利設定●
利息制限法による金利設定では、15.0%〜20.0%の範囲内となりますが、これは法律による金利となります。消費者金融は業者により、利息制限法の範囲内で個別に金利設定をしています。商品概要のページを見ると、年利4.5%〜18.0%といった表記になっているはずです。年利4.5%の適用となるのは、業者が規定する最高額の借り入れをした場合となります。最高500万円のローンであれば、500万円の借り入れをすると最適金利の適用となるのです。
●金利を交渉で下げるためには●
消費者金融を長期的に利用し、遅延なく返済していれば金利の引き下げを受けることも可能です。この場合、業者と金利交渉をしていく必要があり、6ヶ月以上は契約していることが好ましいでしょう。具体的な期間は設定していない業者が多いですが、契約1〜2ヶ月後に金利交渉をしても受け入れてもらえません。最低でも3ヶ月、通常は6ヶ月以上は継続利用し、しっかりと返済日まで返済していることが条件となります。

 

ランキングへ