CIC

CICという信用情報期間

CICは信用情報機関であり、消費者金融を利用する時に情報を照会して審査する流れとなっています。しかし、気になるのがCICが多くの消費者金融利用者の個人情報をどうやって把握しているのか気になる方が多いでしょう。CICがある目的は信用情報を集める事であり、それを各業者に提供するのが役割になります。その他の信用情報機関と相互にオンラインで情報を共有しており、カードローンやクレジットカードを申し込む時に情報を確認をします。

 

cic

 

CICやその他の信用情報機関はデータを集めているのではなく、延滞情報や申告情報を相互で共有する事で多重債務者が発生しないようにしています。個人情報を集めていますが、それは安全のために行なわれていまして、共有しているといえ銀行や消費者金融によっては照会する信用情報機関が違うため審査も違ってきます。

 

この情報の確認は業者だけではなく個人でも利用する事が可能となっていまして、直接行くか郵送で確認するかができます。
申し込むためには信用情報開示申し込み書に必要事項を記入して、身分証明書と料金を支払えば、確認の電話が行なわれて、それから情報が配達記録郵便で届けられます。

 

その郵送されてきた中身ですが、個人情報は当然としてクレジットの契約日や書類や利用額や残債額や入金状況などのクレジット情報が載せられています。クレジット情報にはもう少し細かく、属性、成約情報、支払状況なども書かれており、本当に細かい部分まで知りうる事ができます。クレジットカードやカードローンを利用する時に細かい情報を確認して審査をしているという事が分かりますし、信用情報機関に情報を照会したり、提供したり、共有したりして個人情報を把握しているという事も分かるでしょう。完済状況や申込情報も当然のように記載されていますから、申込者がどのようにして、いつ申し込んだかまで信用情報機関は知っており、消費者金融を利用する時に審査の対象となります。

CIC公式サイト

指定信用情報機関のCIC
http://www.cic.co.jp/