即日融資と返還請求に関して

消費者金融や銀行のキャッシングは即日融資に対応したものが多く、最短即日と記載されているものが該当します。審査状況によっては数日かかることもありますが、希望額が少なければ即日融資を受けられることが多いでしょう。即日融資を受けるためのコツは、少ない金額で申込すること、そして他社借入件数を減らすこと、平日の午前中に申込することです。この3点を意識していれば即日で借入できる可能性が高いでしょう。審査で落ちてしまう方の傾向を見ると、これらのいずれかに該当していることが多いと言えます。

 

債務整理などを行った場合に関しては、5〜10年間は新規で借りることができません。以前は過払い金の返還請求においても債務整理と同様の扱いを受けました。払いすぎた利息を回収しようとすると、キャッシングなどのローンを5年間は使用できない状況にされたわけです。しかし今は事情が変わっており、過払いに関しては返還請求をしてもペナルティはありません。考えてみれば支払う必要のない利息を回収するわけですから、自分にとってまったく落ち度はないわけです。

 

ただし即日融資を希望している業者に対して、過去に過払いの返還請求を受けた場合は状況が異なってきます。他社で返還請求をした分には問題ありませんが、借入希望をする業者で過去に返還請求をしてしまうと、内部データに利用者情報が残されていると考えてよいでしょう。業者としては法的知識のある利用者は避けたいと考えるところがありますから、融資は見送られてしまう可能性が高いです。

 

過払いの返還請求は最後の契約から10年後に時効となりますが、それ以前なら回収することができます。まだ返還請求していない業者があるなら、時効になる前に行っておきましょう。グレーゾーン時代に借入していた方なら戻ってくる可能性が高いです。20.0%を超える金利で借入していた方なら、確実に過払いが発生しているはずです。過払いを回収できれば即日融資を受けなくても金欠を乗り切れるかもしれません。