即日融資で行われる仮審査と本審査

即日融資をしてもらうためにカードローンに申し込みをしますが、仮審査に通ったからと言っても必ず本審査で通るとは限りません。この仮審査と本審査の違いを知る事によって正確に申し込む事ができ審査に通る可能性がありますので、違いを知っておく必要があるでしょう。

 

仮審査と本審査

 

まず仮審査は一番初めに行なわれる審査になりますが、ここでは申し込み者の情報を基に即日融資が可能か判断しています。あくまでも自己申告の情報を基に計算をしており、尚且つ機械的に処理をして仮審査の合否を出しますから多くの場合は仮審査を通る事がほとんどです。スピーディーに結果を知りたい、いくらまで利用できるか知りたいという声に応えるものでもあり、即日融資できるかどうか確かめるためにも必要な審査となります。

 

仮審査に通った場合に行なわれるのが本審査になりますが、ここでは機械的に自己申告した数字のみを見て審査するのではなく、人間の目でしっかりと確認して審査を行ないます。属性審査などポイントを付けて見ていく事もありますが、機械やポイントでは判断がつかない部分がありますし、自己申告で間違っている部分やおかしな部分があるかどうかをチェックしていきます。機械ではなく人間が確認していますので時間がかかる事が多く、細かい部分まで見ています。

 

審査を二つに分ける事によって申し込み条件を満たしている人のみ本審査に進めるようにしていますから審査をスムーズにするために必要なものとなります。本審査のみ行なう場合だと一から全てをチェックする事になり、おかしな部分も機械的に処理できないので時間がかかってしまうので即日融資が難しくなります。

 

本審査では内容だけではなく必要書類の提出も含まれていまして、事実確認にも力を入れていまして確認ができ次第審査が終了して在籍確認などをすれば無事に審査を終える事ができます。二つの審査がありますので申し込み時間によってはタイムラグが発生してしまい翌日になる事もありますが、本審査もスピーディーにしてくれる所が増えて即日融資に対応してくれます。