KSC

全国銀行個人信用センターKSCの特徴

KSC

 

全国銀行個人信用センターKSCとは日本にある信用情報機関のうちの1つです。主に銀行などの金融機関が加盟している団体で、信用取引をした人の氏名、生年月日、住所、勤務先情報などの個人情報の他、ローンやクレジットカードの借り入れ情報や照会情報、破産等の官報情報が記録されています。最近では銀行以外でも加盟している金融機関が増えており、キャッシング審査の材料とされます。

 

登録されている情報によってデータの保存期間が異なります。例えば照会情報は1年以内に削除され、延滞や債務整理は5年以内、自己破産や個人再生の場合は10年保存されます。他の信用情報機関では最長の保存期間が5年となっていますので、KSCの10年という保存期間は最長です。つまり10年以上経てばすべての信用情報から不利なデータが消えることになるのです。

 

KSCに登録者が情報照会することも可能ですが、他社と違って郵送による申し込みをしなくてはなりません。データを取得するまでに時間がかかることから、リアルタイムのデータを取得することはできません。手数料は1000円です。

 

最近では信用情報機関同士の連携もスムーズに行われているため、どこか1つの信用情報に債務整理が登録された場合、他の信用情報機関とも共有されることになります。かつて連携がとれていなかった時代では、KSCでは債務整理の情報があってもCICやJICCではデータがないため、消費者金融や信販会社での契約は問題なくできるということもありました。現在ではそのような現象は起きないようになっており、信用情報の重要性と正確性が高まりました。保存期間は「最長」とされていますので、期限を迎える前に消えることもあります。審査に通らない原因がわからない場合は、情報を開示して自分の目で自分の信用情報がどのようになっているのか確認してみるのも良いでしょう。データを照会すると、そのこと自体も記録に残ることになり、審査の段階で申込者が信用情報を気にしていることが金融機関にもわかります。