「消費者金融」と「民間金融」の違いは何ですか?

かつては消費者金融と銀行をはじめとした民間金融ははっきりとした住み分けがなされていました。しかし、近年では金融業界も再編が進められ、消費者金融の業者が銀行の傘下に入るなどかつてのように消費者金融と民間金融というものは住み分けがされなくなっています。たとえば消費者が比較的簡単にお金を借りられるサービスとしてキャッシングがありますが、このキャッシングのサービスは現在では昔ながらの消費者金融の業者が取り扱っているものと、銀行系と呼ばれる消費者金融のものが混在しています。そのため、現在では消費者金融と民間金融というものはそれほど大きな違いというものはないのですが、この両者には法律の違いというものがあり、実際に消費者が融資を受ける際に影響があります。

 

消費者金融から融資を受ける場合、このケースでは総量規制の対象となり消費者は自分の年収の3分の1までしか融資を受けることはできません。そのため、自分自身の収入と呼べるものがないという人の場合にはキャッシングを利用しての融資を受けることはできないのです。

 

それに対して民間金融からの融資の場合には総量規制の対象とはなっていません。そのため、自分の年収の3分の1を超えるような金額であっても審査の結果次第ではありますが、融資を受けられる可能性があるのです。また、配偶者に収入があるということが条件となりますが、専業主婦の人であったとしても融資を受けられる可能性があります。