カードローンの滞納には十分注意をするべき

カードローンは借りて期日をきちんと守って返済していけば非常に便利です。急な出費にも対応できますし、ネットからいつでもどこからでも簡単に申込めるからです。

 

ですが、このスムーズなカードローン利用を続けるためには、滞納には十分注意する必要があります。あまりこの返済期日を守るということの重要性を意識しない人も多いのですが、たとえ1日でも遅れることはタブーであると肝に銘じるべきです。

 

返済期日に遅れますと、その履歴は信用情報機関に延滞として残ります。これが3回続きますと、CICの場合「異動」と記録され、今後の借り入れに関してのデメリットが大きくなります。

 

場合によってはそのカードローンを全く利用できなくなる時もありますし、そこまでいかなくても限度額を大幅に減らされる可能性があります。またこの記録は他の金融会社も見ることになりますので、新規でカードローンを申し込んでも審査に通らなくなる可能性が高くなるのです。

 

ですので、たとえ1日でも滞納するということを軽く考えずに、とにかく返済期日はしっかり守るようにします。定期的に借りてまったく滞納がない状態で半年くらい経ちますと優良な借り手と判断され、金融会社から限度額増額の案内がくることもありますので、賢く利用するためにはとにかく滞納は避けましょう。

カードローンの返済を滞納するとブラックリストに載る

カードローンの返済を滞納した場合、心配されるのが「ブラックリストに載ってしまうのでは?」ということですが、返済を1回延滞しただけでは載ることはありません。

 

明確な線引はないですが、返済を3ヶ月滞納するとブラックリストに載り、異動の場合、CICなら5年間消えることはありません。

 

また、注意したいのは、この5年は、返済してからです。返済していない状態は、ブラックリストに載ったままということです。

 

滞納のリスクは大きいです。即日融資でお金を借りれたとしても、しっかりと返済計画を立てて金策しましょう。

 

参考:CICは消費者金融の個人情報を把握出来るのか?