カードローンの在籍確認

カードローンを新規契約するときの審査として在籍確認があります。これは申し込み書類に記載された勤務先に勤務しているか直接電話をかけて確認するものです。在籍確認では、本人が出た場合には生年月日等の簡単なことを確認するだけですぐに終わります。他の人が間に入った場合でも、カードローン会社であることを名乗ることはないため、カードローンを申し込んでいることが知られることはありません。また、これは在籍しているかを確認するものであり、抜き打ちで行う必要はないため、相談して電話に出やすい時間帯を指定できることもあります。もし電話に出ることができない場合でも、取り次いだ人から「現在席を外しております」のような返答が得られれば在籍を確認できたものとされます。

 

在籍確認は1度行えば十分であるため、増額などの審査を行うときに再確認されることはありませんが、転職している場合は再確認があります。注意点として、カードローン会社としてはプライバシーに配慮していますが、携帯電話が普及している現在、私用の電話が会社にかかってくること自体が不自然であるため、勘の良い人には気付かれます。また、会社の規約によっては私用の電話に対し「お答えできません」と返し、在籍確認できない場合もあります。このような場合、対応している会社の数は少ないですが、書類で在籍確認できる会社を探さなければなりません。